Staff Blog - スタッフブログ

“Custom-Shirt”

エキスパートフィッター 坂本和彦

エキスパートフィッター 坂本和彦

“Custom-Shirt“とは、オーダーでお作りするシャツのことなのですが、

シャツの代表的なデザインの差は衿の形であったり、釦の種類であったりする

のですが、あまり目立たない部分でもこだわりの仕様の差が色々あります。

DSC_0456

 

 

 

 

 

 

DSC_0457

 

 

 

 

 

 

上の2枚の写真をご覧ください。衿の下から背中にかけての切替部分のデザインが

少し違います。この部分をヨークと呼びます。上は通常のヨークで、真ん中に

継ぎがありません。下は、真ん中に継ぎがあって、これをスプリットヨークと呼びます。

スプリットヨークのほうが、フィット感と耐久性に優れていると言われております。

 

DSC_0463

 

 

 

 

 

 

DSC_0458

 

 

 

 

 

 

次は、上の2枚の写真をご覧ください。シャツの裾脇部分の処理の仕方が違って

います。上が通常の処理の仕方です。下が真ん中に補強の布をあてていて、

ガセット仕様と呼びます。ガゼットとかガジェットと呼ばれる場合もあります。

非常にこの部分の強度が増します。

 

DSC_0455

 

 

 

 

 

 

次は、上の写真をご覧ください。釦の横になぜか釦ホールが開いています。

これは、コンバーチブル仕様と呼びます。普通に釦を留めることもできますし、

カフリンクス(カフスボタン)を以下のようにつけることもできるのです。

 

DSC_0453

 

 

 

 

 

 

このように目立たない部分ですが、オーダーシャツには特別な仕様が色々

ございます。

以下が、オーダーシャツ基本価格とそれぞれの仕様のオプション価格です。

・オーダーシャツ基本価格\9,900(税別)~

・セットオプションボディー(スプリットヨーク&ガセット仕様)\3,000(税別)

・コンバーチブル仕様\400(税別)

その他オーダーシャツに関してのご相談は販売スタッフまでお申し出ください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

カテゴリ:

“なんでもないけれど良い生地なんです”

エキスパートフィッター 坂本和彦

エキスパートフィッター 坂本和彦

強力な寒気団がせまってきております。防寒の準備は万全でしょうか?

体の末端が冷えますので、マフラー、グローブ、帽子なんかがあるといいですね。

さて、今回は少し早いのですが、なんでもない良い生地の紹介です。

 

dsc_0440

 

 

 

 

 

 

上記の生地ですが、ウール100%の平織の無地です。非常に普通の生地なのですが、

原料が非常に良く、糸の番手もとても細い上質な生地なのです。適度な光沢感と

ぬめり感があり、仕立て映えも非常にいいです。色は上からミディアムグレー、

チャコールグレー、ネイビー、ブラックの4色、色々柄ものもいいですが、

やっぱり無地のシンプルさと上品さは捨てがたいですね。

品番918002  お仕立て上がり価格¥64,000(税別)

 

次は、こちらの生地です。

 

dsc_0443

 

 

 

 

 

 

ウール100%綾織の無地シリーズです。先ほどと同じく厳選された原料と細番手の糸を

使用、ぬめり感、光沢感あり。さらにこの薄い綾織の生地の良さは、裏地の付け方

によって、春夏用(背抜き)にも、秋冬用(総裏)にもお作りできますし、

オールシーズンご着用いただいてもかまわない生地なのです。色は上からライトグレー、

ミディアムグレー、チャコールグレー、ネイビー、ブラックの5色を用意。

品番918001  お仕立て上がり価格¥76,000(税別)

 

是非皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

カテゴリ:

Archive

Page top